外国では流行っている民泊は日本で定着やるのか

再び4時代後に五輪・パラリンピックが都内で行われる意向で、もうすでにたくさんの外人が観光にやって来てある。名勝では宿屋の総計が急激に増えました。多くの外人はいまいち宿泊代にお金をかけないので、割とカジュアルな宿屋の開店が多いです。正面では外国語がとれるほうが常駐していたり、たびたび客引きをしています。そんなに長時間宿泊施設があっても足らないと言われていて、とうに世界では流行っている民泊というものの序章も進んでいるとのことです。
しかし、主に都会で人口も密集して要る都内で民泊が割り切れるのかは甚だ問合せだ。騒音や埃取り出し、ネイティブでは薄い人間の逗留にはなんとも邦人は騒がしいだ。もはや不具合も起こっているらしく、かりに素性を決めてもしんどいのではないかと思っています。邦人が外国で利用する際にも、無事故の不具合などで敬遠する方も多そうな気がします。安っぽい宿屋のほうがまだ安心な気がします。

外国では流行っている民泊は日本で定着やるのか

あまりにもお金がなさ過ぎて心配になってしまう兄

私の兄は、ずっと借金を抱えて生きてきました。借金の原因は、お金がないのに高い車を購入したことやお金に執着する女に搾り取られたことです。少し考えれば途中で気付きそうなものなのに、深みにはまってしまって、妹としては情けない部分もありました。

高学歴という訳でもなく、資格を持っているという訳でもないので、収入も低いです。自分が生活をするだけでやっとという感じです。月々家賃2万円ほどの社宅に住んでいたのですが、最近その社宅も値上げしたらしく、もはや自転車操業状態になっています。

そして、持っていた車のエアコンが故障してしまい、修理代も捻出することができず、私がお金を貸しました。いざという時のお金がないのは、危なっかしいと思います。万が一、事故に遭ってしまったり、緊急入院を強いられたりした場合、この人は一体どうやって生きていくのだろうと心配になりました。

働ける体があるうちは、しっかり稼いで、少しでも貯金をして欲しいと思いました。

あまりにもお金がなさ過ぎて心配になってしまう兄