今年はマガジン(灯りノベル)の出稿を諦めました

平年、某読み物大賞に読み物を送っていたのですが、佳作すら獲れず、「英知弱いのかな・・・」と願い、諦めました。お話を書く事は好きなのですが、最近は気分も下がり「もっと、ここらが潮時かな」と。最初の頃は、含み笑い、興奮等、読者を飽きさせない読み物を絶対に書いて引き上げる、と鼻息荒く書き込みプロセスをしていたのですが、それも望みと散りました。今は普通に業者に絡み、セオリーがベストなのかな?と思うようになり、書き込み没頭もおろそかになりました。売れっ子読み物わが家氏を見ていると疎ましくもあり、キャパのギャップに悲観したり・・・。これが真実ですなぁと又もや痛感したり。ですが、完全に諦めきれないので書きたい物質が出てきたら書こうかと思います、それまでトピック収集で行こう、そんなふうに決める、と練り上げるに至り、今はちょこっとずつ文書収集をしながらどうしても私を震わせ書き込み没頭に向けて注力で知見を広めて頑張ろうというのが今の状態です。落ちたら雑草の如く騒がしく伸びようかと想う昨今だ。

今年はマガジン(灯りノベル)の出稿を諦めました